メニュー home concept management podcast2 memberdiary press cd

6.コンサート

デュオシリーズVOL.1

マイナーズ「デュオ」シリーズ
マイナーズの「ランチタイムコンサート2008」
2008.8.5 12:00開演 恵比須ギャラリー(佐賀銀行旧呉服町支店)

出演/
山口尚人(演奏・司会)
古賀 光(ゲスト演奏)
安川ひろみ(ピアノ)

交響的断章/ギルマン(演奏:山口尚人)
カヴァティーナ/サン=サーンス(演奏:古賀 光)
管楽器カラオケ曲集
遠くへ行きたい/中村八大(演奏:山口尚人)
見上げてごらん夜空の星よ/いずみたく(演奏:古賀光)
少年時代/井上陽水(演奏:安川ひろみ)
ソナタより1楽章/エワイゼン(演奏:古賀光)
トロンボーンデュオ2曲


| | トラックバック (0)

ホタルの里コンサート

第11回ホタルの里コンサート〜トロンボーンの魅惑〜
主催:小城町人づくり塾

日時:平成20年5月31日(土)
開演18:30(開場18:00)

場所:天山酒造 昭和蔵2F(国の有形登録文化財)
出演:マイナーズ佐賀チーム

曲目/
天地創造
カルメン組曲より
唱歌メドレー
ラッサストロンボーン
いい日旅立ち
ホールニューワールド
篤姫のテーマ  ほか  
   
入場無料(入場には整理券が必要となります)
整理券は 5月12日(月)より小城市商工観光課にて配布中       
(注意:会場の安全性確保のため、整理券をお持ちでないとご入場できません)
整理券・お問い合わせ先 
小城市商工観光課 0952-73-8813

| | トラックバック (0)

2008佐賀チーム完全単独公演

2008.2.17 ゆめタウン佐賀セントラルコート

ゲキレンジャー〜プリキュア5メドレー
のど自慢のテーマ
ソロ:友野紗百合・野田稔
アララの呪文〜サザエさんメドレー
篤姫メインテーマ
情熱大陸メインテーマ

出演:宮田篤郎、野田稔、石川進、友野紗百合、竹内かおり、峯真隆

| | トラックバック (0)

佐賀チームサロンコンサート

佐賀チームサロンコンサート
日時:2005.10
会場:はんぎーホール(現佐賀県神埼市)
出演:宮田篤郎、橋口泰史、野田稔、石川進

| | トラックバック (0)

結成10周年記念演奏会

マイナーズ結成10周年記念特別演奏会
日時:2005.7.30
会場:佐賀市文化会館中ホール
出演:
東京チーム:山口尚人、細貝潤、清澄貴之、梶原彰人、香川慎二、古賀光
佐賀チーム:宮田篤郎、橋口泰史、稲富太郎、野田稔、光岡布美子、大坪賢吾、松永拓也
賛助出演:児島雅子、江島愛子、倉成由紀子、岩瀬佐和子(パーカッション)

プログラム
〜マイナーズの10年をたどる〜
ディズニーメドレー2005年スペシャルバージョン
Ba-Dee-Doo-Dup(96年アンコン、97年レギュラー)
グリーンスリーブス〜宮田篤郎に捧ぐ〜(宮田篤郎ソロコーナー、97〜03年レギュラー)
ヘイ・ジュード(98年レギュラー)
パリジェンヌ組曲より(98年レギュラー)
三匹の猫より(99年レギュラー)
Welcome to the Baloons town(03年熱気球世界大会)
佐賀チームの思い出:時代劇メドレー(04年冬定期)
東京チームの思い出:バップバップ(02年レギュラー)
〜マイナーズ・オンパレード番外編〜
ナビゲーター:コフターロ、通訳:橋口さん
マンテカ(02年レギュラー)

・「展覧会の絵」ダイジェスト(ムソルグスキー)
・ピアノ協奏曲第1楽章(グリーク)
ピアノ:光岡布美子、指揮:細貝潤
・惑星より「火星」「木星」(ホルスト)

| | トラックバック (0)

薔薇会サマーコンサート賛助出演

第33回薔薇会サマーコンサート賛助出演
*山口尚人ソロ演奏会への賛助
日時:2005.7.29
会場:佐賀市文化会館中ホール
賛助:細貝潤、清澄貴之、梶原彰人、香川慎二、宮田篤郎、野田稔、大坪賢吾
曲目:
交響的断章/ギルマン(ピアノ:光岡布美子)
ロンドンデリーの歌*
スペシャル*

| | トラックバック (0)

佐賀チーム武雄音楽祭出演

佐賀チーム武雄音楽祭出演
日時:2005.5
会場:武雄市文化会館大ホール
出演:宮田篤郎、古賀光、稲富太郎、野田稔、橋口泰史

| | トラックバック (0)

サガインターナショナルバルーンフェスタゲスト

サガインターナショナルバルーンフェスタ(熱気球世界大会)
メイン会場特設ステージイベントアコースティックライブ出演
日時:2003.11.2
会場:バルーンメイン会場特設ステージ
出演:山口尚人、細貝潤、宮田篤郎、橋口泰史、稲富太郎、野田稔

| | トラックバック (0)

レギュラーコンサート2003

マイナーズレギュラーコンサートvol.5
〜ザ・マイナーズ・スタイル〜
日程 2003.8.30 14:00〜
会場 佐賀県立美術館ホール
出演:宮田篤郎、山口尚人、細貝潤、清澄貴之、古賀光、香川慎二、橋口泰史、梶原彰人、野田稔(当時は賛助)、なかの(賛助)、ゴオ(賛助)
オリンピックファンファアーレ、
カルメンファンタジーより全6曲(東京チーム全員ソロ)、
高貴なるぶどう酒をたたえて(抜粋)、
ボネラマ、
ファンキーミラクル、
コパカバーナ、
虹の彼方に(ソロ:宮田篤郎)、
宝島

*アンサンブルの難しさに直面した2003年、どういうステージを企画していくべきか?どんなことにチャレンジしていくのか?また今までにどうチャレンジしてきたのか?「マイナーズである」こととは何か?マイナーズじゃなくてもいいのか?いろんな葛藤をしたこの年、私たちはひとつの結論を出しました。それは「最後のレギュラーコンサートにすること」でした。マイナーズだからできること、マイナーズならではの音楽、そしてサウンド感やセンス、見えない限りは終わるしかないのです。最後のレギュラーコンサートとして打ち出したテーマは「ザ・マイナーズ・スタイル」。自分たちが築き上げた数年間は何だったのかを自らにつきつける思いで名付けました。しかしこの葛藤がきっかけとなり、新しく生まれ変わるのです。

| | トラックバック (0)

レギュラーコンサート2002

マイナーズレギュラーコンサートvol.4
〜マイナーズ、ふたたび。〜
日程 2002.8.11 14:00〜
会場 佐賀市文化会館中ホール
出演:宮田篤郎、山口尚人、細貝潤、清澄貴之、古賀光、服部由美、松永拓也、香川慎二、橋口泰史
天地創造/ハイドン、
ページェント/リン(東京チーム)、
ソナタ「ヴォクス・ガブリエリ」/シュレック(ソロ:山口尚人)、
ロンドンデリーの歌/アイルランド民謡(PJBE版 ソロ:宮田篤郎)、
エルザの大聖堂への行列/ワーグナー、
バップ・バップ
ファンキーミラクル、
ウエストサイドストーリーメドレー、
マンテカ/ガレスピー、
ディズニーメドレー

*空白の2年間の間にマイナーズのメンバーはそれぞれ変わっていきました。代表には子供が生まれ、カントクはオーケストラを移籍、他のメンバーもいろいろな賞を受賞したり、進学、就職、あとは佐賀を離れたり…あとは拠点もだいたい東京と佐賀に分かれたのでチームにわかれました。メンバーは東京が5人、佐賀メンバーには第一回クリスマス公演から強烈ながらもクールな個性を発揮した橋口氏(当時の芸名<橋口さん>)が正式に参加し、だんだん昔とはひと味ちがった活気がよみがえってきました。空白の間いろいろ経験したことなどがあらわれたこのコンサート。ひさびさの佐賀ということでカントクもソロを吹きました。つんと引き締まった空気の中、荘厳な<エルザの大聖堂への行列>も感動的です。そして、メンバーみんなとっても素人なファンクのステージでは爆笑間違いなしのアドリブのオンパレードでした。マンテカはブラスでも難しい作品。まさにひさびさに活気が戻ったといえるコンサートでした。

| | トラックバック (0)

レギュラーコンサート1999

マイナーズレギュラーコンサートvol.3
〜ちょっとかわるかも〜
日程 1999.8.29 14:00〜
会場 佐賀県立美術館ホール
出演:山口尚人、宮田篤郎、細貝潤、服部由美、清澄貴之、江頭裕美、松永拓也
リチェルカーレ/ワーグナー、
エチュード/ラフォース
追憶(ソロ 宮田篤郎)、
バッハもどき/リン、
FOUR FOR FOUR/リン、
ファーストシャウト/リン、
アベマリア(ソロ 服部由美)、
フライミートゥーザムーン、
三匹の猫組曲/arr.山口尚人

*99年、少し活動としては安定してしまったマイナーズの状況を変えるべく色々考え始めたのがこの回。サブタイトルは「ちょっとかわるかも」。会場も佐賀市にある美術館ホールに変え、内容も少し真面目に「NHKクラシックコンサート」のような進行。毎年のソロもこの回はピアノ伴奏、トロンボーンアンサンブルの曲のなかでも特にオーソドックスなレパートリーを演奏。そして最後は初の試みとして<ブラスアンサンブルをトロンボーンだけでやってみる>を実験!三匹の猫組曲全楽章に挑みました。というわけで、マイナーズの現在の面白さのひとつ「いろんな編成の楽曲でも、サウンド感や音楽観を揺るがすことなくあえてトロンボーンだけで追求してみること」はここから始まったのです。

| | トラックバック (0)

マイナーズ・クリスマスvol.2

マイナーズ・クリスマスvol.2
〜マイナーズと過ごすクリスマス〜
日程 1998.12.16
会場 エスプラッツ(佐賀市交流センター)
出演:山口尚人、宮田篤郎、服部由美、江頭裕美、清澄貴之、緒方ひろゆき、松永拓也
曲目:クリスマスキャロルから数曲、
グリーンスリーブス、
雪国、
川の流れのように(マイナーズ98年版)、
ホールニューワールド、
ゴーザディスタンス

*クリスマス第二回目となったこの回、問題は「前回の会場でなければ出せない雰囲気をどう克服するか?」そして、あまりにもコンサートの概念を超えていた為にメンバーですらコンサートに向かって練習や準備をする感覚が甘くなってしまったこと…ようするにステージ構成や進行としては悪い部分がみごとに作用してしまい、真摯に反省しなければいけないコンサートになってしまった回です。といっても演奏は頑張ったコンサートだったのですが、この回の特徴は「演歌に挑んだこと」そして「金管アンサンブルをトロンボーンでやってみる実験をしたこと」です。日本人なら絶対といっていいほど体に刻み込まれているあの「ウタイマワシ」あの「ウネリ」歌のあのいろんな「歌いっぷり」がトロンボーンでどこまで表現できるか?これは今のマイナーズにもつながる重要なテーマだったのです。

| | トラックバック (0)

レギュラーコンサート1998

マイナーズレギュラーコンサートvol.2
〜ハートをつかめ〜
日程 1998.8.27 14:00〜
会場 佐賀市文化会館中ホール
出演:山口尚人、細貝潤、宮田篤郎、服部由美、清澄貴之、江頭裕美、八田広幸、宮園泰子
曲目:
ソナタ/シュペール、
フーガ/バッハ、
即興曲/ラフォース
デュエット/モーツァルト(山口、細貝)、
4つの喜遊曲/ケッツァー
パリジェンヌ組曲/モーティマー、
グリーンスリーブス/arr.山口尚人
ヘイ・ジュード/ビートルズ、
ポートレート2/ガーシュイン

*98年より、福岡をはじめ他県より高校生やフリーのトロンボニストも参加してきました。また、シーズンメンバー制を始めたのもこの回からです。この時から参加した清澄さんは当時は浪人生、現在は東京芸大を卒業し、トロンボーン界の若手の中でも特に注目されているプレーヤーとして活動されています。そして同じくこの回から参加した細貝さんは、「仕事の休みの合間を利用して九州を山口といっしょに旅行する」というような名目で来ましたが、観光する暇もなく練習に練習の一週間でした。現在は都内をはじめ各地のオーケストラやブラスなどで活躍しています。シエナウインドオーケストラのDVDでも見ることができます。この回は古典の曲のなかでも解釈の難しい曲を中心に、トロンボーンの為の作品の中から特に面白い技法を用いた作品などをお送りしました。

| | トラックバック (0)

マイナーズ・クリスマスvol.1

マイナーズ・クリスマスvol.1
〜クリスマスはマイナーズで〜
日程 1997.12.20
会場 アバンセ(佐賀県立生涯学習センター)
出演:山口尚人、宮田篤郎、服部由美、江頭裕美、橋口泰史(当時は賛助)、福田ケンゴ(賛助)
曲目:クリスマスキャロルから数曲、
Ba-Dee-Doo-Dup、
ロンドンデリーの歌〜貝森康夫に捧ぐ〜、
Old Devil Moon、
センチになって、
ほか多数

*マイナーズのもうひとつのコンサートといえばマイナーズクリスマス。第一回目のコンサートはコンサートの概念を超えていました。まず衣装は「冬っぽい服装」コートにマフラー、サンタクロースに消防服(?)トナカイの着ぐるみはなかったのでオオカミで代用しました。ステージはロウソクで照らしているのかというようなやけに明るくなく範囲の狭い照明、そして端っこにはクリスマスツリーとトロンボーンに電飾を施した偽ツリー、リズムセクションはステージ後ろにふつうのMac Powerbookと音源が待機、それを操作するのはだいたいそこの前に座っている3番トロンボーンパートの人、曲目もその時のコンディションでその場で入れ替わり、前説も突然始まります。でもこれが今のマイナーズの原型だとメンバーの誰もが言います。ちなみにこんな活動ですからNHKやらいろんなメディアが取材に来ました。その中継で演奏したクリスマスキャロルのうち込みと譜面は、その数時間前に東京でカントクがテレビ用にとパソコンで作り、メンバーのもとへメールで送ったもの。こんなことからもマイナーズの他にないメチャクチャぶりがわかります。

| | トラックバック (0)

レギュラーコンサート1997

マイナーズレギュラーコンサートvol.1
(マイナーズ旗揚げ公演)
〜上を向いて歩こう〜
日程 1997.8.3 14:00〜
会場 佐賀市文化会館中ホール
出演:山口尚人、宮田篤郎、服部由美、江頭裕美、八田広幸、岩崎由紀、田中和美、山崎みゆき ほか
曲目:フランス舞曲/プレトリウス、
3つのシャンソン/ドビュッシー、
ロンドンデリーの歌〜貝森康夫に捧ぐ〜/山口尚人、
ソナタ/ベッゾッチ、
組曲/ドンディーヌ、
Tribute to J.J/Elkjer、
Ba-Dee-Doo-Dup/lynn、
ホールニューワールド/山口尚人、
ポートレート1/ライフト

*旗揚げ公演となった97年は8名のトロンボーンにピアノ・ベース・ドラムが加わり、オリジナルの曲を中心にジャズナンバーや映画音楽まで、トロンボーンアンサンブルのサウンド感や面白さを広く知っていただく為のコンサートとなりました。

| | トラックバック (0)